裏磐梯風景写真【雨煙】

今冬、何回目かの雨です。子供の頃、真冬に雨が降るなどという事はあり得ませんでした。雨が降るのは春になり始め、どんどん雪が融けだす頃の話でした。雨で雪が融け水蒸気が上がるのは春の兆しなのでありました。今では真冬でも当たり前の様に雨が降り、真冬に雨が降るのは不思議ではなくなってしまいました。『雪、曇、晴、雨』が雪国の真冬の四景になっております。真冬に暖かな雨で水蒸気が上がる不思議な光景が出現しております。このおかしな気候がなぜ起こるのか?。世界では16歳の子供でも知っているのですがネ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です