裏磐梯風景写真【秋進め】

今秋は紅葉が遅れております。今秋は暖かい日が多いです。寒くない方が人間様には心地良いのですが、寒くならないと紅葉は進まないのです。明日から寒気団が福島県にもやって来ると天気予報のご宣託ですので、紅葉が進むことを期待しております。これから「秋の撮影ツアー」が行われますので、ブログはしばらくお休みいたします。皆さん良い秋をお過ごし下さい。


裏磐梯風景写真【秋がやって来た】

いよいよ本格的な秋がやってきて山の木々の色づきも日増しに強まっております。諸氏お気に入りの場所が紅葉したしたということではないのかもしれませんが、それにしても、青い空と、軽やかな白い雲に紅葉が映える秋ならではの色合いは心を軽やかにしてくれます。野生動物たちも実りの秋を満喫しているようで、あちこちで元気な野猿グループと出会います。「コロナの秋」でさえなければ色彩の秋でも、食欲の秋でも、スポーツの秋でも、何の秋でも良いですネ。


裏磐梯風景写真【小さい秋】

少し無沙汰をしておりました。パソコンのSSD換装等をしておりまして、アップできずにおりました。その間にも木々が色づいてきております。全山紅葉はまだまだ先ですが、ウルシやツタウルシ等の先行紅葉種が良い色合いです。今年もよい紅葉に出会えると良いですネ。


裏磐梯風景写真【視線の先】

狩に夢中のシラサギ君。『視線の先』に何が有る?。水面で満開のヒツジグサの白い花に目を吸寄せられるのは人間様。水面を見つめるシラサギ君の視線はジュンサイやヒツジグサの花でないことは確か。水草の下に黒い影が走ってます。ジュンサイは人間様が生で食するので、ジュンサイ沼は無農薬。故に、ジュンサイ沼にはシラサギ君の大好物の小魚やカエルやイモリや水生昆虫がウヨウヨ生息しているのですヨ。人間様の場合は「視線の先」より「目先」を追い求めてしまいがちですがネ。


裏磐梯風景写真【観光船再興】

コロナ禍により観光客が蒸発してしまい、観光船会社が倒産して、檜原湖観光船が無くなりました。その後某ホテルが買い取り、観光船が再興いたしました。目出たいことなので、ご祝儀を兼ねて乗船して参りました。晴れた空に爽やかな風が漂い、広々とした湖を遊覧するのは気持ちの良いものです。白い雲が青い水とコントラストをなし鮮やか湖風景でありました。これから観光客が回復し、観光船が再び倒産しないことを切に願っておりますヨ。


1 2 3 4 132