裏磐梯風景写真【梅雨明け】

梅雨明けです。野草の花々が次々に咲いております。沼や池や湖などトンボ等の水生昆虫の生育に適した湿地が多い裏磐梯では沢山のトンボやホタルが飛び回っております。バッタが跳ね回り、蜂も巣作りを始め虫の天国ですナ。野鳥達もエサの虫が多くなり大喜びでしょうし、エサが豊富な今は野生動物たちにも天国なのでしょうネ。


裏磐梯風景写真【森の空】

今年の梅雨も各地で大きな被害をもたらしております。毎年「今までに経験したこともない雨」が降り、毎年甚大な被害が出ております。困ったもんです。雨が降り続くと森の動植物たちばかりでなく人間様も太陽や青空を焦れます。梅雨の晴れ間に、森の中を見上げるとチラチラと太陽が見えます。首都圏と各地で天候とは無関係な緊急事態宣言や蔓延防止措置が発出され、コロナ明けを焦れておりますが、梅雨明けの気持ちの良い青空も待ち遠しいですネ。


裏磐梯風景写真【有名地】

森の中には小さな渓流や水溜りが有って野鳥の水浴び場や、イワナ釣りの隠れポイントになっている場所が有ります。日本人は「有名」が大好きです。有名観光地や有名撮影地や有名釣りポイント等「有名」という冠の付いている場所に殺到します。有名ではないがステキな場所を見つけてみては如何かと愚考いたします。


裏磐梯風景写真 【シシウド夏】

裏磐梯も梅雨になり毎日の様に雨が降っております。雨の合間にコロナ後の準備をしておりますが、コロナ終焉は何時になるのでありましょうか?。まだそんなに暑くはないけれど、たまに空の青い日にシシウドが咲いているのを見ると夏が近いことを感じます。オリンピックが強行されようとしておりますが、白い雲のすぐ後から突然黒い雲が空を一面に覆い豪雨や雷が落ちるように、コロナが突然蔓延しないことを願っておりますヨ。


裏磐梯非風景写真【ワックス塗り】

館内の床ワックス塗りを致しました。毎年今頃に行っていることなので今頃になるとウズウズしてきます。ワックスを塗る前に家具を移動し、リンバーで十分に汚れを取った後にワックスを塗っては乾かすという作業を何回か繰り返します。家具を再配置し終わるまで1週間程掛かります。レラでは何故毎年ワックス塗りをするのか?と疑問をお持ちの方が有るかもしれない。この疑問への答えは何故花を植えるのか?という疑問への答えと同じですネ。世のなかにはワックス塗りなんかしないという方や花なんか植えないという方もいますから。


1 2 3 4 5 6 132