裏磐梯風景写真 【撮影ツアー報告 5】

広葉樹の紅葉が終わる頃にカラマツの紅葉が始まります。最近は国産材木が高値だとかで、スギもカラマツもあちこちで伐採が行われています。カラマツも人工的に植林された林が多いのですが、金色に輝くカラマツの紅葉もすてきな被写体です。

今年のカラマツは一時に落葉はしなかったので、結構撮影することが出来ました。

 


裏磐梯風景写真 【撮影ツアー報告 4】

紅葉変調の最中でも、順調に色づく紅葉もありました。順調な紅葉に出会うとホッと致しましたネ。今秋はいつでもどこでも、こういう紅葉ではなかったのですが、被写体探しを間違わなければ、出会える紅葉もあったのですヨ。

今秋についていえば「被写体探しは幸せ探し」という事でありましたナ。


裏磐梯風景写真 【撮影ツアー報告 3】

「沼周りは如何であったか」とお尋ねの方もあるかもしれない。沼周りは湿気が豊富なので普段ならば比較的安定した紅葉が見られるのですが、今秋の変則的な自然の移ろいは異常に早く、1日か2日で紅葉が落葉してしまう所も多々ありました。

どのような自然環境であろうとも地球規模的な気候変動にはかなわないので、後は腕でカバーするしかないのですが、それが出来ないカメラマン氏は「今年の裏磐梯の紅葉は作品が作れない」と吹聴するのですヨ。

 


裏磐梯風景写真  【撮影ツアー報告 2】

素敵な山並み紅葉をご覧になった方は、「紅葉渓流はどうだったのか」とお尋ねになるかもしれない。裏磐梯には幾つかの渓谷や滝と幾つもの渓流が有るので、今秋は中々良い紅葉渓流もあり、すごく良い紅葉渓流もあり、あまり良くない紅葉渓流も有ったと答えなければならない。

今秋はシャッターを押しさえすれば作品が作れると思っていた方には、厳しい紅葉であったかもしれませんが、渓流や滝は比較的撮りやすかったのではありますまいか。

 


裏磐梯風景写真 【撮影ツアー報告 1】

ご無沙汰をしておりました。秋の撮影ツアーが終了しましたので、撮影ツアー報告をいたします。今シーズンは10月になっても暖かな日が続いて紅葉の色づきが遅かったので、撮影計画を狂わされた方も多かったのではないかと思います。更に10月初旬には台風までやって来て、紅葉進展が変調をきたしておりました。

それでも撮影できないということではなく、その変調を逆手に取った撮影もできましたが、参加者の被写体を見つける力の差が撮影に大きく影響したかもしれません。又、日の出、日没撮影を別にすれば、紅葉撮影地にカメラマンが殺到することもなく、混雑がない分、紅葉撮影自体は楽でありました。今年の秋撮影も楽しく進みましたヨ。

 

 


1 2 3 4 5 6 113