裏磐梯風景写真【冬予告】

紅葉はほぼ終わり、冬の白い使者がやって来るようになりました。彼らはいつもきれいな姿でやって来るとは限らず、悪天候の姿でやってくることが多いのですネ。そういう日は真冬よりも寒く感じます。しかし、たまに良い天気に恵まれると季節変わりの印象深い風景が見られます。そんな風景を見た時は遠からずやって来る冬将軍に身構えなければならないのですヨ。


裏磐梯風景写真【残り紅葉】

裏磐梯では広葉樹の紅葉はほぼ終わり、現在はカラマツの紅葉なのですが、所処で広葉樹の残り紅葉を見かけます。華やかな紅葉とは異なった風情を醸しだしております。例年であればカラマツと残り紅葉が終わる頃は寒い日が多くなり、晩秋の風景になるのですが,今秋は暖かな日が多いので、今一つ晩秋の感じが致しません。突然寒くなるのかしらん?。


裏磐梯風景写真【寒い日】

今秋は異様な天候日が多く、全国的には暑い秋であったとTVが言っております。裏磐梯では10月下旬頃には寒い日もあって、紅葉に雪の写真も撮れました。その後は快晴の日が続いたので多くの観光客やカメラマンがやってきましたが、連日の快晴のため木々の葉がチリチリに干からびて行き、裏磐梯の紅葉は10月末には終了してしまいました。快晴が続くと観光客やカメラマンは喜びますが、自然には喜ばしくは無いのですネ・・。


裏磐梯風景写真【冷え込みの朝】

早朝は1度前後の日が続いておりました。日中は暖かくなりますので、明け方、温まった水辺からは靄が立ち上り、靄の中を通過した太陽の光を分散光にしておりました。冷え込んだ日があると紅葉は進みますが、最低温度が8度以上の晴れた日が続くと紅葉の進展が止まり、葉が枯れて美しくなくなります。今年は紅葉が遅れていたので、今後の紅葉進展に期待大です。


裏磐梯風景写真【ツタウルシ紅葉】

今、ツタウルシ紅葉が盛りです。「紅葉(こうよう)の一番良い時期はいつですか?」というお問い合わせをよく頂きます。牧野富太郎博士風に言えば「紅葉という木の葉はない」ということになりますが、いまのところ、ツタウルシ紅葉の時期はおおよそ10月初旬から中旬ですが、10月下旬ではありません。ヤマモミジの紅葉は10月下旬から11月初旬ですが10月初旬ではありません。カラマツの紅葉は11月初旬から11月中旬です。はて?「紅葉(こうよう)の一番良い時期はいつ」なのでありましょうか。


1 2 3 4 5 6 149