裏磐梯風景写真【桜こいし】

現在の裏磐梯のメイン花は水芭蕉です。次々に水芭蕉の開花が進み開花地も広がっています。しかし桜はまだ囃し立てられないですネ。お天気の良い花見日和に裏磐梯を下り、磐梯山すそ野の桜を観てまいりました。

白っぽいソメイヨシノを観るにつけても裏磐梯に咲くピンク色の強いオオヤマザクラ開花が待ち遠しいデスナ。


裏磐梯風景写真【満開】

早い群落地で水芭蕉が満開になりました。「早い」というのは他にも群落地が何か所か有るからなのですが、他はまだ芽生えたばかりであったり、まだ雪の下であったりという状態のなのです。以前から小さな場所では咲き始めておりました。昨春は傷んだ花が多く目立ったのですが、今春は暖かな日が多いせいか傷ついた花はそんなには目立ちません。「湿地立ち入り禁止」の看板が幾つも設置してあるのですが、相変わらず高齢カメラマン氏が群落湿地に入り込んでいるのを見かけます。ルール看板を無視する高齢カメラマン氏も自分の息子や孫には「交通ルールは守りなさい」なんて言ってるんでしょうかネ。


裏磐梯風景写真【春に一目散】

TVでは例年より早い桜の開花が報じられております。こちらでは例年より早く水芭蕉の開花が始まりました。フキノトウやツクシは勿論、猿や熊も出始め、何もかも速い季節の移ろいです。残雪はまだ有りますが、湖の氷は融けてしまいました。渓流は雪解け水で笹濁りです。春に向かって一目散です。


裏磐梯風景写真【春氷模様】

全国の桜の開花が例年より早いという報道がなされております。裏磐梯も例外では無く、暖かく、湖の氷も融けだし,氷上ワカサギ釣りも早くも終了です。ワカサギ小屋が撤収され、湖上はスッキリします。この頃に湖の氷上には様々な模様が現れます。氷が融けて水になるまでの期間限定の春氷模様です。間もなく裏磐梯にも春がやって来るのですヨ。


裏磐梯風景写真【白鳥は】

今冬もコハクチョウが渡って来ています。昼間ハクチョウ達は磐梯山周辺の田んぼに飛来し餌取りをしております。お天気が良い日が多くなってきたので田んぼの雪も大分融けて餌が探しやすくなっているのでしょう。今年は早く暖かくなってきたので北帰行が早まるかもしれません。暖かなある日に一斉に飛び立つ北帰行は中々の見ものです。晴れた空を気持ちよさそうに飛んでいる彼らもトリインフルヘンザを心配しているのかしらん?。それともコロナだ!トリインフルだ!騒いでいるのは人間様だけなのかしらん?。


1 2 3 4 5 6 129