風景写真 一覧

裏磐梯風景写真 【寒焦れ】

暖かな冬です。降雪量は例年になく少ないです。が『雪請いの神事』を行うスキー場もある中で、裏磐梯のスキー場では神様に御すがりすることなく運営されております。しかし湖は氷結しておりませんので、冬の風物詩『氷上ワカサギ釣り風景』を見ることはできません。

一日も早く例年の寒さになることを願っておりますが、カメラマン氏にとっては、例年通りではない風景が撮れるチャンスでもあるのですヨ。観光の方は足元の苦労をせずに雪の五色沼を散策できるのですヨ。

 

 


裏磐梯風景写真  【あけましておめでとうございます】

明けましておめでとうございます。

年末年始繁忙期が終わりましたので、ブログを再開致します。

年が明けても雪は少なく、初冬の風景が続いております。雪が全く降らないわけではないのですが、大量に降雪しないのですネ。雪国にしては「暖かな?」日が多く、雪の代わりに雨が降ったりする日があるのですヨ。

 

スキー場は人工降雪機という手段がありますので、寒くなる夜のうちに雪スロープを作れますが、自然風景はそうは行きませんので、お天気次第という訳です。今年はどんな風景と出会えるのでありましょうか?。本年もよろしくお願い申し上げます。

 


裏磐梯風景写真 【いつまでも初冬景色】

雪が降ったり雨が降ったりを繰り返しながら冬へと進んでいる?模様です。今年は昨年よりも真冬になるのが遅く、朝方に気温が低くても、雪がほんの少ししか有りません。カメラマン氏は氷模様や、裏磐梯より低い場所の柿や、滝の小さな虹を撮ったりして、お茶を濁しております。

これが裏磐梯の冬景色なんですか?と言われたくは有りませんが、冬景色にならないのは如何ともし難い。雪は神頼みしか有りませんネ。TVお天気予報お姉さんのご宣託では年始からは雪が降りそうです。年末年始の繁忙期はブログをお休みします。皆さん良い年をお迎え下さいナ。

 

 


裏磐梯非風景写真 【暖冬!野生動物の場合】

暖冬で人間様からは不満が聞こえてきます。カメラマン氏やスキー場や寒さを当てにしている施設や宿からも。暖冬で積雪が融けたペンションの庭に野猿が数匹やって来ました。腹が減っているらしく夢中で雑草をムシャムシャ食っております。雪に覆われて緑が見えなくなると彼らは木の皮を食うしかないのですが、木の皮に比べれば雑草の方がはるかにごちそう。

雑草より野菜の方が更にうまいし、カロリーも高いので、機会が有れば、畑の野菜を狙いたいのですが、流石に今は野菜はない。

普段なら今頃は雪に覆われて雑草だって見当たらないのですが、暖冬の今年はラッキーにも雑草が顔を出したという訳です。オサルサン 今冬を無事に乗り切って下さいネ。

 


裏磐梯風景写真 【いつ真冬?】

初冬とは何時から何時までなのか?。疑問に思っている方が居られるかもしれない。真冬の風景を撮影したいと思っている方は何時から真冬なのか?と疑問に思うのではあるまいか。秋が終わって(晩秋)から、真冬までを初冬というのですが、今年はまだ真冬がやって来ないのでまだ初冬という事態になっております。

時期的には冬,しかし風景は雪の少ない初冬という状況が続いておるのですヨ。

 


1 2 3 4 112