風景写真 一覧

裏磐梯風景写真【季節移ろい】

休日になると天気が悪くなるということを繰り返して、台風が通り過ぎてから気温は夏から秋へ急激に代わってしまいました。「・・・彼岸まで」とはいうものの季節が直角に曲がるように、気温が急激に変わると身体も季節についてゆくのが大変です。野生植物達も中々大変そうです。葉の色が急に変ったものや、気温変化について行けずにいるもの等いろいろです。朝方は靄がたつほど冷え込むのに、日中は夏日という温度差も身体にこたえる季節でもあります。それやこれやですが、空には高い雲の出る日が多くなっており、確実に秋になって行くようではあります。


非裏磐梯風景写真【晩夏に咲く】

先日、晩夏の浄土平に行って参りました。ペンションから車で1時間ほどで行けます。標高が1600メートルほどですので標高800メートルのペンション周辺よりは季節の訪れが早いのです。が、周辺はまだ紅葉には少し早くリンドウの花の盛期でありました。来週にはリンドウも終わり、クサモミジにも色が付き始めることでしょう。一切経山の山肌からはゴウゴウと音を立てながら蒸気が噴出しておりました。紅葉シーズンには駐車場に入れないほど混むのですが、今はまだ余裕です。シーズンに向けて木道の修理が行われておりました。一切経山に登るにも、吾妻山に登るにも便利なところです。お天気の良い日は気持ちの良い所ですヨ。


裏磐梯風景写真【ヒルクライム大会】

快晴の9月11日(日)にスカイバレーラインを自転車でこぎ登る「ヒルクライム大会」が3年ぶりに開催されました。涼しいベストコンデションの下で若者から60才以上までの皆さんは快適に過ごされた様です。あまりの快適さにヒルクライム終了後も走る方々がおられたとのこと。アウトドアイベントの天候気候がいつもこうだといいですネ。


裏磐梯風景写真【実り】

福島県の果実はモモが終わり、ナシのおいしいシーズンです。今夏は晴れが多かったので果実は甘い物が多いとのこと。恩恵は当然に野生果実も受けており、「サルナシ」の実もたわわです。今秋は野生猿諸君も甘い実が食べられそうですナ。人間様が先に採らなければですが、そのためではないと思うけれど、地元では野生猿の畑への食害も困りものです。


裏磐梯風景写真【夏花が咲きました】

例年ならお盆の頃に盛期のエゾミソハギがようやく満開になりました。今夏は暑い日も多く、雨も多く、植物達には恵まれた夏かと思いきや、なかなか満開にならず、8月末になってしまいました。気温が高すぎても、雨が多すぎてもダメなのですナ。とにかくこれで非裏磐梯のヒマワリ撮影などでお茶を濁していたカメラマン諸氏も裏磐梯の撮影が出来るというものです。


1 2 3 4 140