風景写真 一覧

裏磐梯風景写真【非観光写真】

タンポポをはじめニリンソウ等様々な野草花が咲き競って来ました。観光関係者が待ち望む花々ではないけれど道端に咲いている裏磐梯の春の植物たちです。一面の菜の花や一面のシバザクラや一面のヒマワリ等等観光用に植栽される花々ではなく自然に咲く花々です。行政関係者や観光関係者は歩道沿い花壇を作り、どこかで見たことのある花々を植えることや花壇の雑草取りを住民に督促します。観光的に見栄えのする花々にエネルギーを注ぐよりより地元の花々を大切にすることにエネルギーを注いだ方が良いと愚考いたしますネ。


裏磐梯風景写真【山の上】

ペンション周辺で雪はすっかり無くなってタンポポやら山菜等が群生しておりますが、山の上にはまだ残雪が残っていて、ダケカンバ林の残雪と新緑の微妙なバランスがまだ保たれております。こんなに残雪が有るのですから下流の水はまだ冷たく、渓流のイワナの活性も遅れ、湖のブラックバスの活性も遅れ、磐梯山周辺の田植用水もまだ冷たく例年ならGW中に終わる田植えも遅れております。水は山の上から山の下まで繋がっているという訳です。山の下では春爛漫ですが、全体の春の実相はまだこれから進むということなんですネ。


裏磐梯風景写真【森の中】

夏日や真夏日が報道される昨今、残雪が多かった森の中も残雪はほぼ無くなり新緑に覆われてきました。非常に速い速度で冬から夏へ向かっております。春はほんの一瞬であるかの様です。とはいえ、今は春ゼミが合唱し、野鳥の鳴き声に覆われております。野鳥も、野草も、虫たちも季節の移ろいの速さにせかされている様です。


裏磐梯風景写真【競争世界】

今春の裏磐梯は、春の進み方自体がとても早く、芽吹きと雪解けが競い合っております。ツクシも例外ではなく、他植物とも、ツクシ同士でも競い合っております。春は新生活のスタートラインということで、新しい競争が始まる季節でもあります。張り切っている方がいる一方、疲れてしまった方もおられるかもしれません。新人の皆さん!。ツクシに負けずにガンバッテ下さいナ。


裏磐梯風景写真【春の色彩】

一般的に桜の咲く頃は木々の芽吹きは無いので、新緑に囲まれた桜は見られないのですが、高低差が有り様々な種類の桜が生育する裏磐梯では、場所によっては緑に囲まれた桜を見ることが出来ることがあります。青い空に輝く鮮やかな新緑とピンクの桜は爽やかな春そのものの色彩です。


1 2 3 4 138