裏磐梯風景写真【冬晴れ】

元々雪国は降雪の国だから晴れる日自体が少ないのですが、今季も不順な天候が続きスカッと晴れる日が中々やって来ません。空気が乾燥して加湿器を備えるなんてどこの国の話かとも思うのです。だから、雪国人はたまに晴れる日が有るととてもうれしいのです。ましてや風がなく暖かな晴れの日中は天国といっても良い。そんな日は風景は美しく感ぜられ、何をしても楽しいのです。除雪もはかどるというものです。しかし雪国人はそんな天国の前後には猛烈な寒さが存在していることを知っておりますヨ。水道管が破裂したり、除雪機のエンジンがかからなくなったり、車がスピンしたり、人間様が滑って転んだり等々、様々な災いが起こるのですネ。そんな訳であなたが雪国で快晴に出会えたとしたら、祝杯を挙げても良いくらいに目出度いこととお喜び下さいナ。


裏磐梯風景写真【氷模様】

TV・新聞でコロナという言葉を聞かない日はない毎日です。如何お過ごしでありましょうか?。裏磐梯では、自然は人間様の動きとは無関係に動いております。暴風雪や大雪や小雪や快晴や雨等冬の天候変化は人間様が居ようと居まいと関係なく起きていますので、地元民はそれに合わせて除雪に追われています。先日、湖で氷模様を見かけました。他に見かけるのは少数のスキーヤーとやや少数のワカサギ釣氏と極少数のカメラマン氏と極極少数の観光客と野生の猿くらいですナ。


裏磐梯風景写真【異常な降雪】

雪が降り続け、北陸等日本海側では『異常な』降雪が続いているようです。裏磐梯も降雪は続いておりますが、『異常な』降雪量では有りません。冬らしい冬です。近年は『異常な』降雪や降雨や高温がおきておりますネ。『異常な』ことは自然現象ばかりではなく、人間世界でも見られます。『異常な』言動は遠くの国の指導者ばかりでなく、近隣でさえ見られることが有ります。勿論コロナの広がりも『異常な』ことはではあります。何故か世界中で『異常な』ことが多いですナ。


裏磐梯風景写真【冬&冬】

明けましておめでとうございます。年末から毎日雪が降り続け、除雪に追われています。終日除雪してる日もあります。寒い日が多くスキー場の雪質は非常に良いので、スキー・スノボはお勧めです。雪景色は日に日に深雪化しておりますので撮影時駐車スペースを捜すのも苦労しますが、道路から雪原の中へラッセルして入って行くのは更に大変です。ガンバッテ下さい。湖は人間様が乗れるほどには固い氷ではありません。五色沼観光や不動滝観光等も誰か先行者が道を作ってくれなければ、自分でラッセルして行かねばならないのでお気軽では有りませんヨ。めでたいことに今季は「冬らしい冬」がやって来ました。


裏磐梯風景写真【大寒波】

暖かな館内で雪を見ながらのお食事や雪見酒は冬の楽しみです。吹雪後の快晴日、青空に輝く樹氷や森の中で白く輝く木々たちを見るのも楽しみです。天然のホワイトイルミネーションと言っても過言ではない風景です。これもそれも寒い冬が有ってこその楽しさです。昨冬は暖冬でしたので冬中、延々と初冬風景が続きました。ラニーニャが発生している今冬は冬らしい風景に出会えそうです。今冬は年末年始に大寒波がやって来るとか。大寒波も通り過ぎればその後には快晴がやって来て、すばらしい風景に出会えるかもしれません。無事にやりすごせるといいですネ。年末年始はブログをお休みします。皆様良いお年をお迎えください。


1 2 3 4 5 126