裏磐梯風景写真【ヤナギランの夏】

大型夏花のヤナギランが咲いております。外来植物がはびこる中、湖ではエゾミソハギが、高所ではヤナギランやヨツバヒヨドリ等大型在来種が意気軒高です。今は涼しくなりましたが、冷涼な裏磐梯も今夏はお盆前に暑い日が有りました。地球温暖化の影響は世界中に気候変動をもたらしているとか。最近の台風や降雨も尋常ではありませんネ。コロナに悩まされ、雨に祟られ、今夏日本は良いことが有りませんナ(日本だけではないか?)。これから少しでも良くなるといいですネ。


裏磐梯風景写真【自然の摂理】

残暑お見舞い申し上げます。コロナ対策と暑さ対策というダブル対策が必要な昨今、コロナと暑さの『憂さ』を忘れさせてくれるのに、オリンピックはお役立ちでありましたでしょうか?。こちらの湖岸ではエゾミソハギが咲き出しております。今夏はコロナの為に湖岸を踏み荒らすカメラマン氏や釣人氏やキャンパー氏が極端に少ないので花々は生き生きしております。野生生物は自然の移ろいや自然の摂理に反した自分勝手な動きをすると、自滅してしまいますので、自然の摂理に合わせて生きてます。人間様の中には時々自然の摂理に反した行動をする人がいるので、事件や事故が起こります。コロナや酷暑も自然の摂理なのですが、これに合わせて生きるのも中々大変ですヨネ。


裏磐梯風景写真【夏花】

夏には様々な大型野草の花が咲きます。ヤマユリもその一つです。道路沿いでも空き地や斜面でも雑草として咲いております。野生種の花としては大輪で目立つ花です。ヤマユリが咲くと何か良いことが有るのかと問われると困るけれど、野生の大型の花が咲いていると、観光荒れしていない風情を感じますナ。他にシシウドをはじめヤナギランやウバユリやエゾミソハギやヨツバヒヨドリ等大型の花々が次々と咲いておりますヨ。


裏磐梯風景写真【夏ですネ】

いよいよ夏がやって参りました。裏磐梯ではこれまでに感染者はわずかに1人だけなのですが、様々に宣言を発出しても、1日の感染者が数千人にもなり、何をしても、未だに感染が止まらないという大都会のニュースを聞くと流石に大都会だなと思うのであります。(何が流石なのか?わからないけれど)。梅雨の間も、梅雨が終わっても雨が降りますので、どこの沼も、池も、湖も、水はタップリです。水生植物も水生昆虫も野生植物も虫も野生動物も皆元気です。元気がないのは人間様だけの様ですネ。


裏磐梯風景写真【冷やす】

暑い日が続くと、どこか涼しい所へ行きたくなりますネ。都会は気温が暑いばかりではなく、ホットな話題が多過ぎる所為なのかもしれません。古代から為政者の要諦は『パンとサーカス』といわれておりますナ。今風に言えば『経済と娯楽』。この二つを用意できなければ国を治めることが出来ないそうですヨ。どこかの国の為政者は『コロナ景気とオリンピック』対策に必死です。こうして熱くなったオツムは裏磐梯の冷たい水で冷やすのがよろしいのではないかと愚考いたします。


1 2 3 4 5 132