裏磐梯風景写真【ふぐは食いたし命は惜しし】

今年は全国的に大雨ですが、最上川氾濫をもたらした大雨は裏磐梯にも大きな雨を降らせ、大小の渓流は勿論、ほんの小さな流れにも大量の水が押し寄せ、普段は流の岸に生えている雑草でさえも流れの中の水草の様になってしまいました。小さな流れでさえこんなになってしまうのだから、大小の支流から流れ込む水量は想像を絶する量になり、大河が氾濫するのもムベなるかなですナ。他方、コロナが日本中に蔓延しつつある中での政府肝いりのGOTOキャンペーンが始まり、のどから手が出そうなくらいにお客を待ち焦がれている観光地では、今現在、この政策を「諸手を上げて大賛成」と単純に言えないつらさが有るのですネ。GOTOを「食わねば倒産してしまうかもしれないし、食ったらコロナで本当に死んでしまうかもしれない」ということなんですヨ。どうしたもんですかネ?。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です