裏磐梯風景写真 【困ったもんだ】

不順な天候が続いているために、裏磐梯の『何処』で撮影してよいかわからないというカメラマン氏が多いデス。定番撮影地や有名撮影地に行っても、いつも同じようにしか撮影できないのだそうです。カメラの性能や操作には自信が有るのだが、『何』を撮影してよいかわからないのだとか。

「ご自分で感動したものを写せばよいのです」とアドバイスすると嫌われます。「バーロー!、それが判れば苦労しない!」とカメラマン氏はおっしゃるのです。「天気さえよければいいのに!」ともおっしゃる。天候不順は人間を不機嫌にするみたいですネ。困ったもんですナ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です